大阪の美容専門学校でメイクを学ぶ

将来メイクの仕事に憧れる女の子は大阪でも多いことでしょう。メイクの仕事はいろいろあります。

1つめは百貨店などで化粧品販売を行うビューティーアドバイザー(BA)です。BAはメイクをお客様にすることも仕事の1つですが、主な仕事は化粧品の販売です。洋服のアパレルと同じなのです。お客様を綺麗にするよりも商品の良さを伝え、買っていただかなければなりません。BAになるためにはほとんどの場合、大学や短期大学卒業で、自分の好きな化粧品会社に勤めることになります。

2つめはメイクアップアーティストです。雑誌や撮影、ショーなどのメイクを手掛ける仕事で憧れる人は多いのではないのでしょうか。メイクアップアーティストはメイクの専門学校を出た後にメイク事務所などに就職となりますが、デメリットとしては大阪のような都会であってもコンスタントに仕事があるようなメイク事務所はほとんどないということです。3つめは2つめと似通っていますが、ヘアメイクアップアーティストです。俗にヘアメイクさんといわれる仕事です。

2つめとの違いはヘアメイクさんは髪の毛のセットとメイクの両方を担当する美容師であることです。最初の2つの職業と異なり、美容師免許が必ず必要になるので美容専門学校へ行く必要があります。美容専門学校の中には国家試験を取得する内容とプラスしてしっかりと基礎からメイクを勉強することが出来るカリキュラムのある学校も大阪には存在します。

資格があり、ヘアメイクトータルで出来ることは必ず将来の夢にとってプラスとなるでしょう。メジャーなヘアメイクさんになるための一歩を美容専門学校から目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *